自然災害による被害リスクの可視化をし、被害の範囲、大きさなど一目で分かる地図。
災害時の利用だけでなく、平常時から住民へ注意喚起や、災害意識向上に利用することが可能。

ハザードマップの役割

ハザードマップは、自然災害が起こった際の被災想定「範囲」や「規模」を一定の条件で地図上に可視化し、平時から、災害に対して「いざ」というときの適切な行動についてを考えるきっかけづくりを提供します。

「より住みよい街へー 」
ハザードマップの完備は、街の発展にも寄与いたします。
わたしたちは、より安心で安全なまちづくりの軌跡をハザードマップ制作を通じ支援しております。

ご提供ラインナップ

冊子版

  • 複数のハザードマップを1冊に掲載
  • 避難の心得、災害特性の説明など発災前の学習情報を掲載
  • 最新の国の指針、ガイドラインを反映・フォーマット化

1枚図版

  • 地域全体を俯瞰してみたいときに便利な大判の1枚図サイズ
  • 公民館などの避難場所の常備地図として掲示可能

WEB版

  • 住民だけでなくこれから転入予定・来訪予定の方への情報公開へ
  • 場所、時間を問わずにホームページから閲覧可能

ハザードマップに関するお問い合わせ

ラインナップ